女の人
  1. ホーム
  2. シミを防ぐ環境を作ろう

シミを防ぐ環境を作ろう

基礎化粧品

紫外線対策も大切

紫外線の蓄積期間が短く、再生力も高いのが20代の肌の特徴です。このため20代のお手入れは予防に重点を置くべきとされています。それは美白ケアにおいても同様です。シミが出来る二大原因は紫外線とメラニンの過剰生成と言われています。紫外線で肌が傷つくと美白成分の浸透を妨げてしまうことにも繋がりますので、まずはUVケアを万全に行うようにしましょう。紫外線ダメージを軽減した上でメラニンの過剰生成を防ぐような成分が配合された化粧品でお手入れを行うことにより、美白効果を実感しやすくなります。さらに20代は他の年代と比べると皮脂の分泌が多い傾向がみられます。皮脂が毛穴に詰まって起こる炎症や黒ずみがきっかけのシミを作らないためには、適切に皮脂をコントロールできるような成分を含む美白化粧品を使うことも大切です。ビタミンC誘導体、アルブチン、ルシノールなど、メラニンが生成される過程を阻害する成分は多数存在しています。中でも皮脂の分泌を抑える作用もあるビタミンC誘導体は、積極的に使っていきたい成分の一つと言えるでしょう。何種類もの有効成分を含む化粧品もあれば的を絞って配合しているものもありますが、大切なのは続けやすさと実感です。実際に使用してみて肌に合っていると感じたものを使い、継続的にケアを行うようにすると良いでしょう。表面化しているシミが少ない20代の内から適切な美白ケアを行い、透明感のある肌を目指しましょう。